いわきりじどうかん 日記

仙台市岩切児童館の出来事をつづります

プロフィール

いわきりじどうかん

Author:いわきりじどうかん
いわきりじどうかんの毎日をお知らせします

 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

ブロとも申請フォーム

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007. 07. 17

今日は

20070717165828
漫画の日だって

携帯で送って、それから書き込もうと思ったら、なかなか、UPされなかったんで今修正してます(笑) で、この写真なにかというと・・・・

漫画です(笑)

子どものときに夢中になって読んでいた漫画を大人買いした漫画です(笑)

渡辺多恵子さんの「ファミリー」「はじめちゃんが一番!」「風光る(途中まで)」「短編集」三原順さん・安孫子三和さん・わかつきめぐみさん・大島弓子さん・そして・・・萩尾望都さん
リアルタイムで読んでいたものもあれば、少し年代は前なんですが、大人になって読み始めてはまったものとか(笑)

あ・・・ガラスの仮面全巻ありますので、ぜひ(笑)
帰れなくなりますよ!

ゲゲゲの鬼太郎もあります(笑)あとPLUTO(浦沢×手塚治虫)あ・・・ダーリンは外国人シリーズも(笑)

まだ決めてないのですが、曜日を決めて漫画DAYを作ろうかと

味いちもんめとかもあるんだな・・・家に・・・

ええと・・・すべて自宅からもって来ました(笑)
本が好きなのは・・・ジャンルにこだわらないんで、特に妹は漫画好きなもので・・・・かなり大量にあります。

それでも・・・かしたくない本はまだ家にいっぱいあるんですよね・・・(^^;)

妹の持ち出し禁止本もあるんで・・・・

60年70年80年代の漫画ってストーリーもさることながら・・・すごいですその世界観が・・・

今読んでも古くないんだもの。
萩尾望都さんのは特に好きかも。私、清水玲子さんの漫画も好きなんですが、清水さんが影響を受けたと・・・・わかる気もします。

「訪問者」
は俳優の上川隆哉さんが読んで衝撃を受けたとか何かのインタビューでかいてましたし「半神」は野田秀樹さんが野田MAPで深津絵里さんが主演でステージになりましたし、かなり表現者に影響を与えている漫画家さんです。スタジオ・ライフの劇団は「トーマの心臓」を舞台にしましたね・・・あれも面白かった。

大島弓子さんの漫画は、映画になってますね。

渡辺多恵子さんのファミリーなんかは本当にコマ割がすばらしくて・・・
ロングにアップ・・・本当に映画のコマ割なのよね~
そのまま映画とってもいけるでしょうというくらいいいコマ割です。
同じ年代に連載されていた吉田秋生さんの「カリフォルニア物語」なんかもあります。

お話を作る、観る上で、キャラクターで押し切ってストーリーを展開していくものもありますが、60年70年はそれがないんですよね。
ものすごい丁寧に漫画がかかれています。

時代を感じながら読み直ししてみる。
大人になって読んでみると、まったく違う話に感じる・・・

ドラえもんがのび太のお母さんの気持ちがわかるというあれですね。

奥が深いですよ~~漫画(笑)

今児童館に持ってきたい漫画で・・・妹に交渉しているのは・・・「リアル」ですね。
買ったのは私なんだけど・・・・持ち主は妹だから(笑)



スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://npoiwakiri.blog70.fc2.com/tb.php/64-45190b91

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。