いわきりじどうかん 日記

仙台市岩切児童館の出来事をつづります

プロフィール

いわきりじどうかん

Author:いわきりじどうかん
いわきりじどうかんの毎日をお知らせします

 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

ブロとも申請フォーム

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006. 06. 14

さて・・・落ち着いたところで・・・・

今日は一日ばたばたばたと走り回っておりました。

児童館がOPENしてまだやっと2ヶ月がすぎ・・・岩切児童館やっと・・・汚れてきました!(笑)
あ・・・汚れてというのはですね、NPOみやぎ・せんだい子どもの丘の副理事長の新田さんから理事会でいわれた言葉でして、「新しい児童館を、どんどんこどもの手で汚していきなさい」といわれ、毎日少しずつ汚しているところです。(笑)
・・汚すといってもですね、泥だらけの手で汚すわけではなく、こどもが使っている、あそんでいる形跡をのこすというか・・・ うちの児童館に来ていただけるとわかるのですが、STAFFに言っていることは、壁面構成(よく保育所や幼稚園、学校などで壁にかわいく飾っているものなのですが・・・)は本に載っているようにかわいくは飾るなといっています。というか、学○さんや世界○化社さんの本にのっているような壁面は一切つくるなといっています。(すみません・・・)

ある意味、本をまねするのは楽なんですよ。かわいいし・・・乳幼児なんかの部屋は本当にかわいくなるしね。でも・・・やめようよと・・・
児童館を飾るときに、「かわいいはいいことなのかな?」という疑問から入りました。
私も現役の先生だったときは壁面をいっぱいつくりましたが、というか・・・得意中の得意です(笑)
そういうかわいいのも、幼稚園や保育所だったら違和感はありませんが・・・児童館は様々な人が利用しますでしょう。

なのに・・・ものすごくかわいい、くまさんやウサギさんで飾られている入り口をみたら、大人の男の人やちょっと大人になってきた思春期の子どもたちは・・・「自分の場所じゃない」っておもっちゃうのではないかなとおもいまして・・・。だったら、一切そういう飾り、大人の手できれいに作ったものは一切飾るなと禁止令を出しています。

どうせ飾るなら・・それはこどもにとっても大人にとっても、アート的な空間であるべきだと。
たとえ赤ちゃんであっても、そこはごまかしちゃいけないとおもいまして・・・。
あ・・決して壁面がわるいといっているわけではないんですよ。
ある意味、私のわがままです。



これは・・・STAFFにとっては厳しいかな?とおもいますが・・
でもね、こどもの描いたものこどもの作ったもので「ぼくたちわたしたちの児童館」を大人のちょっとしたアイディアで手を加えていくのって、楽しいし・・・結果もね、すごくいいんですよ。
こどもの作ったものに、大人は絶対かないません。
でも、そのかわり、こどもが描きたくなるような画材にはちょっとこだわってあげます。絵の具にしろクレパスにしろ・・・発色いいんだもの・・・いいものは・・懐は痛いけど(TT)

というわけで、今後も、児童館だけでなく、岩切の町を少しずつこどもの手で汚していこうとおもっております。

あ・・・そして・・もうひとつSTAFFにいっていることは・・・
NOジャージ・NOエプロン(笑)

STAFFも環境のひとつ。
おそろいのものは感じもいいのですが、一歩間違えれば脱個性になってしまうし、いつも同じ服になっちゃうでしょう。
それは、やめようよ。
個人個人が好きな服で、その人の個性が出ていたほうが、いいでしょう。こどもにとって、いつもかっこいいお兄さんお姉さんでいること!
町にそのまま出て行っても浮かない格好でこどもとあそぶことと決めています。

来館してきた方はSTAFFがだれかわからないでしょう!といわれないように・・・
どこから見ても、この人は岩切児童館の人とわかるくらい個性を磨けといってます(笑)

さて・・一年たって・・・うちのSTAFFどういう風な個性が出てくるのか・・・今から楽しみです。
スポンサーサイト

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。