いわきりじどうかん 日記

仙台市岩切児童館の出来事をつづります

プロフィール

いわきりじどうかん

Author:いわきりじどうかん
いわきりじどうかんの毎日をお知らせします

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

ブロとも申請フォーム

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011. 11. 20

セシウムとこどもたち

11月23日(祝)福島市のこむこむにておこなわれる『子どもの笑顔元気サミット』のパネリストの一人『南相馬市よつば保育園の副園長 近藤能之さんの 活動』がテレビで放映されるそうです。

実はこの方、様々なテレビの取材を受けているので詳しくはブログをご覧ください。

以下、ご本人からのメール内容を転記します。
   
                 
>今週日曜日(今日です)夜1:00~1:30放送のNNNドキュメント(日テレ系列全国放送)にて、当園の震災後の取り組みが放送されることになりました。

夏から施設の除染を進めているのですが、現在はやっと園児宅の除染に入り始めました。

現地で前向きに生きる家族の様子も映りますので、ぜひご覧ください。

放射能というリスクにどう向き合って、より良く家族で生きていくのか?
見えてくるものがあると思います。

“子ども”だけの考え方よりも、“家族”の在り方を考える良い機会になるのではないかとも考えています。

家族として生きていく意味だけでも、聴講した方に少しでも伝えたいですね。

よつば保育園/ヨシユキ副園長



すごいとおもいます。
震災によって、私たちはたくさんのものをいただき、同時にたくさんのものをなくしてしまいました

私たち自身の震災の傷もまだまだ回復はしていません

でも福島の方々は震災+原発事故という二重、三重のクルシミの中で今を生きています

福島の方々の悔しさ・悲しみ・そして怒り・・・

それでも福島を生きる。

一人でも多くの方に・・・
他人事ではなく、一緒に生きて欲しいと本当に想います。

私たちは・・・福島のために何ができるのか。
宮城県も県南の地域の悲しみは福島と同じです。

11月23日におこなわれる、「こどもの笑顔・元気サミット」でも

きっと

答えはでません

でも考えるヒントはたくさんいただけると想います。

少し遠いですが・・・たくさんの方の参加をお待ちしています。

そして、今日のTVもぜひご覧ください。

震災を人災を一緒に考えていきましょう。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://npoiwakiri.blog70.fc2.com/tb.php/289-66d00af8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。