いわきりじどうかん 日記

仙台市岩切児童館の出来事をつづります

プロフィール

いわきりじどうかん

Author:いわきりじどうかん
いわきりじどうかんの毎日をお知らせします

 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

ブロとも申請フォーム

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011. 05. 30

温泉は・・・川になってます(笑)

昨年まんま~るさんが手入れしてくださった児童館駐車場後ろの小さな土地が・・・

今大きく変化してます(笑)

震災直後は「温泉を掘り当てて、地震がきても大丈夫なように!!」なんていっていたのですが・・・

現在はこんなかんじ
CIMG3651.jpg

CIMG3641.jpg
お水をいれて・・・どろどろ・・・
CIMG3642.jpg
木で橋をかけて・・・
CIMG3650.jpg
わたれるかな?
CIMG3648.jpg
杖を使って・・・
CIMG3644.jpg
泥団子つくりも

毎日毎日泥だらけになってます

泥だらけの姿は・・・まるで「ゾンビ」(笑)
靴もぬれちゃうので・・・お洗濯よろしくお願いいたします

最近では・・・

「ちょっとやりすぎちゃったかな・・・」

と子どもながらに反省も(笑)

でもね、この泥あそびやみずあそび、土あそび・・・

自然の手触りのなかでの心の安定・・・

あそびでできる癒しそのもの。
こどもたちって本能でそういうものを求めてるんですよね。

しばらく洗濯大変だとおもいます。
よろしくおねがいいたします。

そうそう・・・このちょっとした広場を見て

「わ~冒険遊び場みたいですね」といわれました。

これ・・・最大の賛辞です。ありがとうございます。

前はただ感情の発散だったあそびが、創造にかわってきています。

あそびが生み出す力。

阪神大震災の後の幼稚園研修会でいわれました。
「こどもに生きる力をつけるためには・・・水・土・火が大切になる。泳ぐこと・土の上で眠ること・火を始めから起こすこと。」
子どものキャンプが自然体験がなんで必要か・・・

形あるものを壊し創造するこどものあそびってその繰り返し。
そこから・・・いろんなことを学んでいく。

土だけではなくそこに水が加わることでの変化

土を掘り出すための道具

あそびの工夫

いまだからこそ・・・その時間をおとなが保障しよう。
本当に大切なこと

それを伝えるのは・・・きっと、あそびのプロの児童厚生員の使命。大げさかな?そうおもいます。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://npoiwakiri.blog70.fc2.com/tb.php/267-1dc979cc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。