いわきりじどうかん 日記

仙台市岩切児童館の出来事をつづります

プロフィール

いわきりじどうかん

Author:いわきりじどうかん
いわきりじどうかんの毎日をお知らせします

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

ブロとも申請フォーム

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011. 04. 22

こどもの心・おとなの心

今日、児童館にきた保護者の方からのお話です。

聞いていて、ああ・・・と思いました。

お家でも「ぼくになんでもまかせて!」っていう感じで震災後もとても元気で頼もしかった男の子が、主治医の先生とお話をしていて、突然、ポロポロ泣き始めたそうです。

「地震の後、お父さんもお母さんも、ちょっとしたことで怒りっぽくなってる」
「お父さんは新聞しかよんでない」

まったくそんな風にしているつもりはなかったし、その子もとても元気だったので、その様子にとてもびっくりしたそうです。

先生曰く

「あの震災で大人も子どももとても傷ついている。1ヶ月たって、生活が落ち着き始めて、今まで押さえていた感情が突然出てくるのはあたり前の感情。必要ならカウンセリングをおこないますので、注意してみていてください」

「おとなの不安」
「なんだかわからない不安」
「イライラする姿」
「怖い顔をして新聞を読んでいる姿」

大人だってどんな風になっていくのかわからないですもの、不安がっている大人を見ている子どもはもっともっと理解できないと思います。

突然泣き出す
なんだか怒りっぽくなった
落ち着きなくなった
なんだか無気力になった

子どもが自分でバランスをとろうと様々な状況が出てくると思います。

大人だってそうですよね。

いつもと違うな・・・そうおもったら・・・学校の先生、学校カウンセラーの先生、保育所の先生、幼稚園の先生、児童館スタッフ・・・お子さんがかかわっている大人たちに必ずお知らせください。

大丈夫側に居るから。

そういってあげる手をたくさんつくっていきましょう。




そういう私も先日会議で大泣きしてきました(笑)

支える手の暖かさ・・・必要としてるのは大人かもしれません。
大丈夫です。
お話を聞くくらいしかできないかもしれません。
でも・・・

一緒に歩いていきましょう。

スポンサーサイト

COMMENT▼

初めまして?

初めまして…ではないかも?ですが。
web上では初めまして!m(_ _)m

ヨッ!こんぶ!!

あっ、冗談です!(;´・ω・)
失礼しましたm(_ _)m

京都からお邪魔してます…
仙台市宮城野区
災害ボランティアセンターに
お世話になってますRyusukeですm(_ _)m

え~っと…既に『ピンっ』と
来たかも知れませんが…
そうです。『キャビ○』です(-_-;)
(HNはRyusukeと申します)

日々、泥だし…冷蔵庫や畳運搬と
日頃の運動不足が身に染みて解りました!
色々なボランティアの方と
出会えるので、日々楽しく活動させて
頂いてます!
(被災されてる方々に対して
楽しいなんて言ったら失礼ですが)

余談が長引きましたが…
やっぱり子供さんも、日々
あんな感じ(笑)で明るく
絡んできてくれますが、
やっぱり色々と悩みを持ってるんですね!
当然ですよね…人間なんですから(^_^;)

京都に帰る前に、
もう1~2回お邪魔したいかも(笑)
またお伺いするかも?ですが…(^_^;)

でわでわ!

失礼しま~すm(_ _)m

書き忘れましたが…

先日のイベント時は、
ロクに挨拶もせずに
失礼してしまい、
すみませんでしたm(_ _)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://npoiwakiri.blog70.fc2.com/tb.php/257-08e98958

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。