いわきりじどうかん 日記

仙台市岩切児童館の出来事をつづります

プロフィール

Author:いわきりじどうかん
いわきりじどうかんの毎日をお知らせします

 

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

ブロとも申請フォーム

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011. 04. 22

明けない夜はないから

IMG_0135_convert_20110420203740.jpg

あきらちゃん&りかちゃんゲリラライブで歌った震災復興ソング

久しぶりにピアノ弾いて、名取のこどもたちのうたのCD聴いたりしながら児童館で歌っています。

ちゃんとりかちゃんに教えてもらったことを守って(笑)
「つぎ早くなるんだよね~。」「ここ難しいところだね」といいながら歌ってます。

ラスト♪明けない夜はないから~は今まで歌っていない子でも口ずさんでいます。


うたっていたら児童クラブの1年生の女の子がつぶやきました

「わたしね、このうたすきになっちゃった」

わ~・・・最大の賛辞ですね、あきらちゃん。

この『うた』のうまれたいきさつは・・・

3.11の地震のあった夜、見上げた空に満天の星。

すごくキレイだな~って思ったのを覚えてます。

それはあの日の夜空を見上げた人たち全てがおもったことみたいです。

いつもの星の光ではなかったとおもいます。
NPOの副理事の新田どんちゃんはそれをりかちゃんと、あきらちゃんと歌にしました。
それが『♪明けない夜はないから・・・』

あの星あかりはきっと、この震災で命を失った方々の灯火・・・そう思ったそうです。

私もあの星空をみて、ふと思いました、銀河鉄道の夜だなって。

宮沢賢治の『星めぐりのうた』のメロディーが流れてきました。

私が宮沢賢治を思い出したのも銀河鉄道の夜を思い出したのも・・・
カンパネルラとジョバンニの別れ、タイタニック号の乗員との別れ・・・
あのキレイな星空といろんないろんなお話がリンクしたからなのかなと思います。

あの星空を一緒にみあげた私たちなら大丈夫。
ちゃんと、思いをつないでいける。そうおもいました。

でも・・・




そう思いながらも、実は4月7日以降、私、一時、音楽を聴くことができませんでした。

せっかく立ち直りかけていた自分の心が折れた瞬間があの地震でした。

ラジオから流れる音楽も、言葉も雑音にしか聞こえない・・・まったくだめになったんです。

これに気づいた時はショックでした。ちいさい時からうたが好きで、音楽が好きで、何があっても、それこそ人生の終わりまで、音楽は絶対側に居てくれるものと信じていたのに・・・
それすら失ってしまったのかって・・・


で、その数日後、ふと車のHDに入っている、「クレージー・フォー・ユー」のアルバム(劇団四季のミュージカル)聴いて、歌ったら・・・あら・・・歌えてる・・・。

その後、「マンマ・ミーア」の「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」(日本語歌詞のTVから録音したMD)を聴いていて・・・歌い始めて・・・というか・・・熱唱していて(笑)

いつのまにか運転しながら泣いてました。


サンキュー フォー ザ ミュージック 
ザ ソングス アイム シンギング 喜び 有り難う
歌と 踊り その歓びが みんなを 幸せにしてくれる
そうさ サンキュー フォー ザ ミュージック 有り難うを

感情の放出が地震後はじめてできた瞬間だったなと。

歌っていたのは、もう四季はやめてしまった大好きな女優さんなのですが、その声と歌詞がすっと素直に入ってきました。

よろこび

よろこびだったよね

しあわせ

幸せだったよね

ちいさい時、スカートをはいて、くるくる歌いながら回っていた自分

そんな自分を思い出して・・・ぎゅう~って抱きしめて泣いてました。

やっぱり音楽っていいなって。


そんなこんなで、ちょっと音楽が自分の中に戻ってきていて、

♪明けない夜はないから~を歌うこどもたちの歌声を聴いて・・・歌っている姿を見て

ものすごい感動しました。

岩切っこすごいじゃんって。
いやこどもってすごいじゃん!!

歌詞の本当の思いはまだわからないかもしれない。

でも、みんなで一緒に笑って、一緒にうたって、その後で、みんなではじめてのうたを歌う。

はじめてのうたを覚えて歌う瞬間。

あの空気

ものすごくステキでした。

ほんと切り取って保護者の方、いえ、皆さんに見せてあげたいなって思いました。

こどもの素直な感情がそこには生まれていました。


その後の大友さんのコンサートでは、音楽と言葉を楽しみました。
パーカッションで子ども達を会場を乗せていく・・・人と音楽が出会う瞬間

音楽っていいな~って。本当に思いました。

やっぱりうたうことって大切だなって。

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://npoiwakiri.blog70.fc2.com/tb.php/256-f52f5657

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。