いわきりじどうかん 日記

仙台市岩切児童館の出来事をつづります

プロフィール

いわきりじどうかん

Author:いわきりじどうかん
いわきりじどうかんの毎日をお知らせします

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

ブロとも申請フォーム

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007. 01. 26

つくってあそぼう0・1・2・3

image.jpg

今年最初の「つくってあそぼう0・1・2・3・」は新年に魔法をかけよう!ということで、魔法の杖をつくりました。

0歳さんが多かったので、実際に作ったのはお母さんでしたが、ええ。子どもたちも協力しました!「むしる」のを(笑)

杖ができたら・・・あとは魔法の呪文を唱えるだけ。

福音館のこどものとも年少版「ぐやんよやん」をよみながら、言葉にあわせて杖をふります。
ただね、それだけなんだけど・・・おもしろいんですよ。
言葉のリズム・音の響き・・・なんだかわからないけど本当に面白い。
笑顔の魔法がお部屋にあふれました。 赤ちゃんズが多かったので、今回は杖を振ってのリズムあそび(?)にしたのですが、2歳児が多いとそこからは・・・変身あそびに発展するし、魔法の杖は本当にあそびの魔法の杖なんですよね。

のこった杖は小学生ズのために衣装入れに入れておきました。
さて・・・どんな遊びに発展するか。見ものだわ。


今日使用した絵本

こどものとも年少版「ぐやん よやん」長谷川摂子・ぶん ながさわまさこ・え 福音館書店1999年6月発行

もしかしたら・・・ハードカバーでは出版されてないかもしれません。

●本を楽しむヒント

「もこもこもこ」や「もけらもけら」のようにお話のない本ってなかなか読みにくいと感じていませんか?
この「ぐやん よやん」もどうよんだらいいのかしら?と迷う一冊です。でも・・・子どもたちってこういうなんだかわからない言葉やリズム大好きなんですよね。
ほら赤ちゃんってよくわからない言葉(なんご)を楽しんでるでしょう。言葉が命を持つ前の音の響きってこどもたちはまるで音楽のように楽しんでるんですよ。だからあかちゃんが話をしているときはあんなにご機嫌なんですよ。
楽しむポイントは・・・ただひとつ。本を読む大人の感じたままであなたのリズムで読んであげてください。

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://npoiwakiri.blog70.fc2.com/tb.php/16-2ea72834

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。