いわきりじどうかん 日記

仙台市岩切児童館の出来事をつづります

プロフィール

Author:いわきりじどうかん
いわきりじどうかんの毎日をお知らせします

 

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

ブロとも申請フォーム

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008. 08. 28

夏休みといえば?

9月号の児童館だよりとの連動記事です。

夏休みの終わり、本館遊戯室がテントを乾かすために封鎖されていることもあって(ほんとにごめんなさい)きっと・・・ものすごく体力をもてあますだろうな~とおもい、ちょっとしたしかけをしてみました。

宝探しゲーム。

図書室・ままごと部屋・幼児部屋にそれぞれカードを隠し、そのカードを見つけたら、児童クラブ室に行く。7つのグループにわけての宝探し。
その7つのカードの中には一つだけ文字が書いてあって、並べ替えるとある文章になるというもの。
その活動だけでも本当はいっぱいなのですが、ちょっとよくばって、パステルを使っての『夏休みの思い出』の絵を描いてもらいました。

集中力途切れることなく頑張ったな~とおもいます。ごめんね~課題多くって・・・(笑)
でもとってもステキな絵がたくさん出来ましたよ。

カード探しは

図書室で3つ

1.枯れ木に花をさかせましょう!
2.キキとジジといえば?
3・番ねずみはどこ?
 
と夏休みに出会った本の内容に合わせてその本にカードを隠しました。
答えは 1)はなさかじい 2)魔女の宅急便 3)番ねずみのやかちゃんです

ままごと部屋に2つ

1.夏でもつめたくい箱ってなあに?
2.赤・青・黄・緑・・・いろんなものがつくれるよ!

正解は 1)冷蔵庫(木のおもちゃの) 2)レゴブロック


乳幼児部屋では2つ

1.はじめとんとんあとからシュ~なんだ
2.椅子となかよし食事をしたりするよ!

正解は 1)すべり台  2)テーブル

グループによって・・・あ・・・このグループもしかして全員B型?とか思うような(笑)てんでばらばらにあちらこちら無計画に探し始めるところもあれば(笑)、全員A型?とか思うような石橋をたたきすぎるグループもあったり・・・きちんとヒントを皆に読んで考えて探すチームもあったり(笑)思わぬ子どもの一面を見ることが出来てとっても面白かったです。
図書室の問題がちょっと難しい!答えはわかってもその答えの本を探せないんですもの!!

驚いたのは1年生のしんせい君!ヒントを聞いただけで・・・「わかった!あの本だ!!」と本のタイトルを皆に教え、すぐに本を探し出して・・・
また1年生のみゆちゃんはすぐに探しだすのですが・・・「これかしら?ちがうかな?」と何度もその本をとったりもどしたり・・・そのうちにみんなにそれ!!といわれ『にっこり』
本当にいつもとは違う子どもの姿を見ることができました
そのほかの部屋は、普段遊びこんでいるだけあってすぐに探せました


待っているチームも・・・なぜか・・・とっても立派に座って待っていて・・・やれば出来るじゃない!!(笑)と思ったたかちゃんでした。

いや~面白かった!!

で、そのあと、グループのリーダーが文字の書いた紙を持って全員の前に。
どんな文章になったか・・・それぞれ並べ替えてみる・・・

ああでもないこうでもないと考えながら・・・できた文章は「夏休みといえば」

さあ・・・ここからがメインです

ほんとにね・・・欲張りすぎの活動だと思うんです。ここで終わりにしても充分だったと思いますが・・・


夏休みといえば・・・のテーマからどんどんイメージを引き出して・・・面白かったこと、嬉しかったこと・・・たくさんの思いでを子ども達から聞きました。
だいたい盛り上がったところで様々な色の色画用紙8つ切サイズを用意。
パステルを渡し、色画用紙を選択して書き始めました。

絵のことでいいますと、子どもと絵を描くときに私は白はほとんど使いません。
真っ白の画面を埋める・・・ということはとっても怖くって、なかなか出来ないのですが、色画用紙だとそれがわりとスムーズに出来ます。
また色同士の相性というものも自然に理解できるものなのです。
もちろんどうせ描くなら自分の好みの色に描いたほうがいいですよね。なので、何色か必ず用意して、選択させるようにしています。

で、もちろん絵ですから、苦手だな~とか思っている子もいるのは確かです。
上手く描くことが目標ではない。自分が思っていることをどう表現できるか。それは絵もそうですが音楽、ダンス表現活動といわれているすべてのことに当てはまります。

絵の技術よりもむしろその過程を大切にしているので・・・出来上がった絵には最大限の敬意を払います。
子どもが描いた絵から可能な限りの『ことば』をみつけ、その表現したすごさを一緒に驚いて、感じることで、子ども達が絵にこめた想いを共感できる。
共感することで、子どもは自分の想いを他者に伝えられた喜びを感じ、さらにそれをみんなに見せてあげることで自分の体験が他の人の体験となる・・・

難しく描くとこうなるのですが、要は描いた絵のお話をたっぷり聞いてあげてそのおはなしをその作品をみんなの前にきちんと提示してあげるそれだけです。

「ぼくかけないやだ」といっていたしゅんぺい君はみんなの体験を聞くことで触発されたのでしょう・・・出来上がった絵をテーブルにさっと置いて廊下に出て行きました。
でもねその絵がまたステキで。今回の児童館だよりにのせちゃったのですが(今日本人に承諾をとtりました。照れておりましたが)魚釣りの絵を生き生きと描いてくれました。その時の会話が聞こえてくるくらい。
パスを塗る力で、その絵にこめられた思いは伝わります。原画はもっともっと素晴らしいですよ。(だから美術館にいきましょう!!本物はちがいます)
本人は廊下に出て、自分の絵がみんなに見せられるのをニヤニヤみていました。
本当に照れ屋さんなんだから~。

しんせい君はカード探しからもう感覚が開いてしまったんでしょう。3枚も描いてくれました。
1枚目はキャンプ
2枚目は蔵王のお釜(今回の児童館だよりにのってます)
3枚目は遠刈田の温泉に入ったこと

「蔵王!いった!噴火の跡なんだよお釜はでもね風がびゅ~~ってすごかった!!」

・・・・・うわ~~~
印刷には写っていなかったのですがその言葉と同じくらいのパスの動きに感動しました。しんせい君は言葉と同じくらいに自分の感動や思いを、いろいろな形で表現できるんですね!!それってすごい!!と。

りく君は大好きなお母さんと公園でした花火を描いてくれました。
これがまたなんていうのでしょう・・・愛情あふれる絵で・・・ああ・・・幸福ってこうやって描いたらいいんだと思うくらいぽ~っとしてしまう絵でした。

本当は紙面全部を割いてでもみんなの絵を載せたいくらいのものが出来上がって・・・

逆に・・・この活動をもっともっとやらないとダメだな~と思いました。
たっぷり1時間半の活動になったのですが、集中力途切れることなくみんな取り組んでくれて、ありがとう!!

本当にステキな夏休みでしたね。
さあ!!いよいよ学校が始まりました!
後期も楽しいことがいっぱい待ってます!

まずはこどものまちですね。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://npoiwakiri.blog70.fc2.com/tb.php/143-fe0af84b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。