いわきりじどうかん 日記

仙台市岩切児童館の出来事をつづります

プロフィール

いわきりじどうかん

Author:いわきりじどうかん
いわきりじどうかんの毎日をお知らせします

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

ブロとも申請フォーム

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006. 11. 18

つれづれと・・・

お久しぶりです。
いろいろなことがあって・・・
児童館も・・世の中も・・・
ちょっとおとなしく、いえ・・いろいろと考えていました。

児童館としての役割。
楽しいこともしていくけども・・・もっともっと・・・子どもを真ん中にいろいろと考えていくことはできないだろうか・・・
子どもの世界のこと。こどもの気持ちのこと。もっともっと大人に届くためにはどんな発信のしかたがあるんだろうかって。

人の考え方はいっぱいあるし、思いもいっぱいあるし、それはそれでいいと思います。たくさんの意見を言い合いながらお互いの意見をすり合わせていくのは大切なこととおもっています。

だから・・・でも・・・どうしても言いたいの。 最近の報道。いじめの問題。自殺の問題。

コメンテーターの話を聴いてそれをいや~な気持ちで聴いている私。
どうしてなんだろう?

昨日、某大臣が「いじめをしている人はすぐにやめなさい」といったとかいうNEWSを聴いて、すみません・・・・・教育者にあるまじきことかもしれません。正直ちょっとどうかなと・・・おもった私。

「いじめ」を根絶しよう!なんていうスローガン・・・・スローガンはできないから掲げるんだといったのは、某作家さん。
いじめは人類が地球に誕生したときからあったもので・・・それを今、数年でなくすなんてむりでしょう。
根絶ではなく、解決する方法を考えてあげるのが大切なんだもの。

それに、ぜんぜん知らない人に「やめなさい!」なんていわれたって、そのことばは届くんだろうか・・・・

幼稚園から小学校に入る前の父兄に言われたことがあります。「いじめられるような子になるよりだったら、いじめる子になってほしい」子どもを守る親の発言かもしれませんが・・・ショックをうけたことがありました。

じゃあ、いじめてしまうこどもの世界の閉塞感はだれがつくったの?
いじめている子どもだけがわるいの?学校だけがわるいの?
考えること問題として解決していかなければならないことはたくさんあります。ケースバイケースでひとつの解決方法ではないですよね。

あ・・・これだ。

そう。私が怒っている原因はこれなんだ。

コメンテーターがいう意見が子どもの現場に合わない発言だったり、ひとつの立場からしか話をしてないからなんだ。そう。意見の押し付け。

いままで白か黒かの答えがどちらかひとつしかないような考え方を強制されてきました。
NOといえる日本人。うん。数年前に流行りましたよね。
確かに自分の意見をはっきり伝えるのは大切なことです。
でもグレーがあってもいいでしょう。
白の気持ちもわかる。黒の気持ちもわかる。
本来日本人はそういうあいまいさが得意でした。
だから、文化をうまく融合していつのまにか「あいまい」に消えていくことができたんですよね。
縄文時代~弥生時代にかけての日本人のルーツを探っていくととても興味深いものがあります。そのあたりの話は児童文学の世界でも、上橋菜穂子さんやたつみや章さんがかいてます。

あ・・・話がちょっとずれてきた。

白黒の二つしか答えがなかったり、道がないと、一方でその答えや道が間違っていたときに・・・戻ることはなかなか難しいです。
でも、だからといって大人がその解決方法を示さずに自ら命を絶つことは絶対に反対です。

ネットの世界では、匿名性があるために、無責任な発言で一人の人をとことんいじめること、意見を否定することがあります。
本当に・・・ものすごいです。
文章に残るということは、ことばを発するのと同じくらい責任があります。言霊が宿るというのでしょうか・・・口にだしたとたんそのことばは命をもって一人で動き始めます。だから特に公の立場の人は発言には慎重にならなければならないとわかっています。

人にはことばがあるから、ことばに傷つき、怒り、慰められ笑い・・人として生きていくことができるんですよね。

でも、最近のこどもの世界を見ていると・・・いえ大人がつくりだす子どもの世界をみていると本当にちょっとまてと言いたくなることもあります。

大人は・・・きっとこどものすることを片目をつぶって見守る必要があるんですよね。
今は、両目で見すぎてるんだと思います。それか、まったく的外れなところを見ているか・・・

灰谷健次郎さんが、江国香織さんに言った言葉があります。
知り合い数人で船旅をしていて、子どもが船のへりを歩いている。
江国さんは「落ちるのではないか?」ととってもはらはらしたそうです。灰谷さんは「今、はらはらしてるしょう。でもね、あぶないからとめることよりも、落ちたら助ければいいだけでしょう?」

数年前にTVで「夢をかなえる」という番組がありました。
幼稚園の子どもの「風船で空を飛びたい」という夢を科学者が真剣になって考えいざかなえてあげると・・・本当に地面から浮かび上がって大泣きしてしまいました。でも「面白かった」と
結果は彼が思い描いたものとは違っていたけども、自分の夢にあんなに真剣に大人が付き合ってくれたことはきっとものすごくよい体験になったと思います。
同じ番組で中学生が「プリンが好きでプリンのお風呂に入りたい」という夢がかなえられることになりました。
大勢の人が大型の機械や大量の材料を用意し、作り上げたプリンにいざダイブ!!というときになって、その子は、夢をリタイヤしました。
「自分のために一生懸命作ってくれた人の気持ち、食べ物」ということがきっと彼の心の中でいろいろと考えることになったんだと思います。
彼のリタイヤは私立派だと思いました。
結局そのプリンはみなで食べたのですが・・・・
夢をかなえるのもいい
でも・・・その夢が思い描いたものと違ったときに、子どもに別の道を歩いていく力をつけさせること・・・そのことが今の大人に求められていることではないのでしょうか?
間違って進みなさい、失敗しなさい、やり直せるんだよ、って。
(それは今の私にも言えること。
館長として、もっともっと大きくならなきゃなと思います。
あせらずにひとつひとつ階段を上っていこうと思ってますが・・・これがね~難しいのですよね~。人生日々修行だわ)

そのために、私たちは何をすればいいのかしら?何を伝えればいいのかしら?

答えはひとつではないはずです。


だから、大人みんなで手を携えてその方法を探していきましょう。

こどもとしっかり向き合いながら・・・・
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://npoiwakiri.blog70.fc2.com/tb.php/12-e4211954

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。