いわきりじどうかん 日記

仙台市岩切児童館の出来事をつづります

プロフィール

いわきりじどうかん

Author:いわきりじどうかん
いわきりじどうかんの毎日をお知らせします

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

ブロとも申請フォーム

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008. 02. 07

研修会終了

キリン・表現活動研究会の発表が昨日終わりました
終わってしまうとあっという間・・・もっとちゃんと取り組めたかもとかいろいろと後悔もありますが・・・ものすごい楽しかったです

この研修会の報告は・・・どうしたらいいんだろうと・・・

こどもたちに返していくことにします 昨日は本当に午前中までどうしようというくらい・・・てんぱってまして(笑)「こんなたかちゃん見たことない」というくらい・・・変でした(笑)
覚えたことも忘れていく言葉が体中の穴という穴から漏れていくということ・・・あらら・・・

で、お昼をすぎ、それぞれの研修発表を終えたときに、もう、なんだかテンションがハイになりまして(笑)なんだか楽しくなってきて・・・・

本番を迎えました。
本当に楽しかったです。
その模様はDVDとしてもらえるはず。。。なのですが(笑)自分の演技見れるかな・・・・(笑)
ただこの研修発表会本当に多くの児童館職員に見ていただきたかった。
うちのみつえちゃんを参加させたのですが(笑)「行ってよかったです」という感想を・・・
本当に私自身他の児童館職員の方々との出会いがとってもとっても幸せでした。1年という長い研修でしたが、終わってみたらあっという間でして・・・でもその出会いの中で、他の児童館の子ども達との話を聞くことで一緒に朗読劇を作り上げて行った仲間の体験を聞くことで、いつの間にか自分もその活動を疑似体験していたんだなと改めて思いました。


打ち上げも飲んではいなかったのですが、もう朗読劇で五感が解放されていた事もあり。。もう自然とハイ状態でして・・・話しました。とことんとことん話しました。楽しかったです

で、今日はもう五感が開きっぱなしでして、出勤途中も児童クラブのこどもの顔を思い出すだけでなんだか涙が出るという・・・

あら・・・私こんなに子どもたちが好きだったんだ、この仕事が好きだったんだと再確認しました。

怪しい人でしたよ。一人で車の中で泣いてるのは(笑)それも出勤途中ですから。

で、今日は・・・・帰ってくる子どもに「お帰り~~」とぎゅう!と抱きしめてしまって(笑)
こちらがそうなので、子ども達も「ぎゅう~」って抱き返してくれて(笑)

昨日に引き続いて・・・テンションの高い私でした。

児童館ってすごいですね。
児童館職員ってすごいですね。

でも研修を通して感じたことは・・・

こどもってすごい!ということでした。

逆立ちしたって子どもにはかないません。
なんだかね、本当にどうこの感動を、どう説明をしたらいいかわからないんです。そのくらい言葉にならないんです。

研修を観にきてくれた児童館職員の感想も、お客さんの感想もそして、発表の場所を提供してくれた太白中央児童館の子ども達も本当に楽しんでくれて・・・

うちのみつえちゃんは
「あの劇をやっているのが同じ児童館の職員だったと思うとすごいなと・・・」

朗読劇の出演者には、新人も居れば、ベテランもいる・・・で、管理職は私だけでしたが(笑)その全くBGが違う人が一つのものをいろいろな葛藤を課題を一つ一つクリアしながら行く・・・それがものすごい心地よかったです。

「私さ~今日五感開きっぱなし~」というと・・・「私もきのうの朗読劇をみて五感が開いてなんかすごいな」と・・・みつえちゃん。「DVDでも見ていましたが・・・生はすごいですね」
この朗読劇についてはまた別のときにお話をしようと思っていますが、児童館という場所のすごさ・・・だからこそ児童館という実感・・・研修の仲間も、発表会を観にきていた仲間もひしひしと感じたのではないでしょうか・・・

はい。

で、一つ思ったこと・・・

児童館職員のみなさん
私達の仕事って、ものすごいですよ。
私達の仕事って、誇りをもっていいですよ。
こんなに、子ども達に頼りにされて、子ども達に何年たっても教えてもらえる職場って無いと思います。

でもね、私達はもっともっとそのこどもたちのすごさ、自分達の仕事への誇りをちゃんと持って、外部にアピールしていかなければならないと思います。
『児童館』ってなんですか?『健全育成』ってなんですか?その質問にきちんとした答え、すぐにいえますか?・・・私はまだまだ迷ってしまうことがありますでも、今回のことで『児童館』のあるべき姿、今後どう児童館が進まなくてはいけないのか『道』がみえてきました。
ついつい見逃してしまいそうな子どもの姿・・・個人情報も大事ですでも、その言葉の影に隠れてしまう大切なこと、その言葉をたてに何もしないという怠慢・・・それだけはしたくないなと・・・。だってね~・・・『児童館』の意味をもっと行政にも市民にもアピールしないと・・・私は子どものことを真剣に考える場所が消えてしまうと思いますの・・・この話はまた今度。

「伝えること」それがねこの研修で一番学んだことです。
表現するということそれを言葉だけでなくきちんと捕まえることができたことが1年の私の成果です。

でもそれは「伝えたい」という想いを受け止めてくれる相手が居なければならないこと・・・

だから私と、研究発表を聞いてくれた・・・感じてくれた満枝ちゃんと、私達岩切STAFFがしなくてはならないことは・・・この研修会の成果を子ども達に返していくことしかできません。

さあ・・・児童館職員のみなさん!朗読劇メンバーのみなさん!
宮城のこどもたちのために今日も明日も・・・あさっても・・・がんばりましょう!


ああ・・・相変わらず長い・・・(笑)研究発表も・・・持ち時間オーバーした私です(笑)
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://npoiwakiri.blog70.fc2.com/tb.php/109-00703078

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。