いわきりじどうかん 日記

仙台市岩切児童館の出来事をつづります

プロフィール

Author:いわきりじどうかん
いわきりじどうかんの毎日をお知らせします

 

カレンダー

12 | 2012/09 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

ブロとも申請フォーム

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 09. 20

こどものまち

ことしも、岩切でこどものまちがひらかれました!

IMG_0275_convert_20120920184702.jpg IMG_0328_convert_20120920184856.jpg


こどものまちは、こどもたちが、そこで働き、お給料を、もらい、一日まちでくらすのですが、今は全国あちらこちで、行われています。
もともとは、ミニミュンヘンといって、ドイツのミュンヘンのバカンスにいけないこどもたちが、たのしくバカンスを過ごせるよう考え始まったものです。
それを日本にもちこんだのですが、各地のこどものまちは、とてもお金がかかっていて、実は小型児童館で行うのは珍しいのです。

キッザニアは企業や様々な職業体験を行うところですが、こどものまちとの最大の違いは、こどもたち自身がまちで暮らすことで、でてくる問題をその場で考え、自由な発想で変化させて行く。

仕事はあそび。あそびは仕事。

自分の考えたことがかたちになる。自分の仕事が認められる。

完全な受容の社会。

そして能動的に安心してうごける時間。

だから、皆やさしくなれる。その日は一日喧嘩がおきない。

不思議ですよね。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。